CO・OPとやま eフレンズ利用規程

(利用規程)
第1条 CO・OPとやまeフレンズ利用規程((以下、「本利用規程」という)は、第2条にて規定する「CO・OPとやまeフレンズ会員」(以下、「会員」という)が、生活協同組合CO・OPとやま(以下、「生協」という)の運営するWebサイト「CO・OPとやまeフレンズ」(以下、「本サイト」という)上で提供するサービス(以下、「本サービス」という)を利用することについての一切に適用するものとし、会員は本利用規程を誠実に遵守するものとします。
2.生協の共同購入、個配(以下、「宅配事業」という)の利用者が、本サイトを利用して宅配事業の注文を行う場合、商品のお届けや返品等については、別途生協が定める「宅配事業利用約款」によるものとします。
(会員)
第2条 本利用規程でいう会員とは、生協の定款に基づく「組合員の資格」を有し、かつ、本利用規程を承諾し、生協の所定の手続きにより入会申し込みを行い、生協が入会を承諾した者をいいます。
(届出事項の変更)
第3条 会員は、第2条の手続きにより届け出た内容(メールアドレスを含む)に変更が生じた場合は、生協の所定の手続きにより速やかに届け出るものとします。
2.前項の届出の変更を怠った場合、会員に何らかの不利益ないし損害が生じたとしても生協は一切の責任を負わないものとします。
(会員の退会)
第4条 会員が退会を希望する場合は、生協の所定の手続きにより届け出るものとします。
2.退会した場合には、会員はただちに本サービス上で有する特典等の権利を失うものとします。
(利用の停止・会員登録の抹消)
第5条 会員が以下の事由の何れかに該当する場合、生協は、会員に事前の通知をすることなく、本サービスの利用停止、又は会員登録を抹消できるものとします。
(1)会員が生協の定款に基づき、生協を脱退したとき、または除名されたとき
(2)商品代金を支払わない等の生協に対する債務履行の遅延または不履行があった場合
(3)生協への届出内容に虚偽があった場合
(4)過去に本利用規程(旧CO・OPとやまeフレンズ会員の約束事)への違反等により会員登録が抹消されていることが判明した場合
(5)電話、FAX、郵便、電子メール、その他の手段によっても会員との連絡がとれなくなった場合
(6)本利用規程第6条記載の会員に禁止された行為を行った場合
(7)その他、本利用規程の何れかの条項に違反した場合
(8)その他、生協が会員として不適格と判断した場合
2.前項の規定により会員登録が抹消されたことにより、会員または第三者に不利益ないし損害が生じたとしても、生協は一切の責任を負わないものとします。
(会員の禁止事項)
第6条 会員は本サービスを利用するにあたり、本利用規程における他の禁止事項の他に、以下の行為をしてはならないものとします。
(1)生協の承認なく、本サイトを通じて、または関連して営業活動、営利を目的とした利用およびその準備を目的とした行為
(2)申請内容の虚偽等の不正行為
(3)注文商品の受け取りを、正当な理由なく拒否する行為
(4)公序良俗に反する行為、誹謗中傷・犯罪的行為、またはそれに類する行為
(5)法令、条例等に違反する行為
(6)選挙活動、政治的活動、宗教的活動、またはそれに類する行為
(7)他の会員もしくは第三者並びに生協の知的財産権、プライバシー等の権利を侵害する行為
(8)手段を問わず、本サービスの運営を妨害する行為
(9)その他、生協が不適当と判断する行為
(会員設備等の設置及び維持)
第7条 会員は自らの費用と責任で、本サービスを受けるために必要になる通信機器(電話利用契約を含む)、コンピュータその他の機器、ソフトウェア等を設置、維持し、その選択したプロバイダーを経由して本Webサイトにアクセスするものとします。
(ログインIDおよびパスワードの管理)
第8条 会員は、本サービスを利用するにあたり自己のログインID及び会員自らが設定したパスワードの管理責任を負うものとします。
2.会員は、ログインID及びパスワードを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買、質入等いかなる処分もしてはならないものとします。
3.会員のログインID及びパスワードの管理不十分、使用上の誤り、その他の原因により第三者が会員のログインID、パスワードを使用することによって会員が損害を被っても、生協の責に帰すべき事由による場合を除き、一切の責任を負わないものとします。
4.会員は、ログインID及びパスワードが盗まれたり、第三者に使用されていることが判明した場合は、直ちにその旨を生協に通知するとともに、生協からの指示がある場合は、その指示に従うものとします。
5.会員は、ログインID及びパスワードを失念した場合は、生協が別途指定する手続きに従うものとします。
(ご注文)
第9条 本サービスでの商品のご注文は、生協が本サイトにおいて指定する入力、操作方法によるものとし、それ以外の方法による注文は受け付けることができません。
2.生協が、前項の申し込みを承諾する場合、会員が届け出た電子メールアドレス宛に注文を承諾する旨の電子メールを発信します。その時点をもって売買契約が成立するものとします。
3.会員は、当該電子メールを確認するものとし、会員の利用環境や端末の設定等により電子メールの受け取り及び確認がされなかった場合においても、通常どおり確認がされたものとみなします。
4.その他の宅配事業のご注文に関する規定は、別途生協が定める「宅配事業利用約款」によるものとします。
5.宅配事業のご注文の締切りは、注文書回収予定日の翌日10時30分までとなります。
6.前5項にかかわらず、注文いただいた商品は、品切れ等の事由によりお届けできない場合があります。その場合は注文をキャンセルさせていただき、キャンセルした商品代金の返金等の対応をさせていただきます。
7.20歳未満の会員への酒類の販売は行いません。
(利用制限)
第10条 本サイト及び本サービスは、定期的にあるいは不定期に行われるシステムメンテナンス等で、一時的に注文ができない場合があります。
2.転売、賃貸、質入れ等の商行為を目的とした商品の購入はできません。
3.注文数量には一部制限があります。
4.生協はご利用金額に上限、下限を設ける等の措置を取ることができるものとします。
5.受けた注文の数量・金額が一般家庭での利用限度を超えると生協が判断した場合には、生協から電話等による確認、数量減等の要請、売買契約の解除等の対応を行う場合があります。
(配送料等)
第11条 本サービス等で注文した商品にかかる配送料等は、生協が別途定めます。
(決済方法)
第12条 本サービスにおける商品等の代金の支払方法は、次に定める方法によって行うものとします。
(1)宅配事業をご利用の会員は、原則として金融機関の口座からの引落しになります。その場合は、別途生協が定める「宅配事業利用約款」によるものとします。
(商品等のお届け)
第13条 本サービスでご注文いただいた商品等のお届けは、次に定める方法によって行うものとします。
(1)宅配事業をご利用の場合は、別途生協が定める「宅配事業利用約款」によるものとします。
(商品等の引き渡し)
第14条 本サービスにおける商品等の引き渡しは、次に定める方法によって完了するものとします。なお、それぞれの商品によりお届け時期は異なります。
(1)宅配事業をご利用の場合は、別途生協が定める「宅配事業利用約款」によるものとします。
(2)前号を除くサービスのうち、宅配便等により配達する場合は、会員が商品等を受領した時に商品等の引き渡しを完了するものとします。
(商品等のお届けができない場合)
第15条 交通機関の不具合や悪天候(台風、積雪、暴風等)、地震等の災害、停電等その他の不可抗力により、商品等のお届けができない場合があります。
2.前項の場合の対応は、次に定める方法によって行うものとします。
(1)宅配事業をご利用の場合は、別途生協が定める「宅配事業利用約款」によるものとします。
(2)前号を除くサービスの場合は、生協の判断により、お届け日やお届け方法の変更、お届けの中止等の対応を行う場合があります。これらの事情については、書面や電話、電子メール等によりお知らせするものとし、代金等の返金等が発生する場合は生協の定めたルールに従い、精算します。
3.前2項による対応について、生協は原則として生協が定める精算等の他には責任を負わないものとします。
(注文のキャンセル)
第16条 売買契約成立後のキャンセルはできません。
(返品・交換・不良品対応)
第17条 返品・交換・不良品対応については、次に定める方法によって行うものとします。
(1)宅配事業をご利用の場合は、別途生協が定める「宅配事業利用約款」によるものとします。
(2)前号を除くサービスにおいて、以下の商品の返品、交換は承ることができません。
① 食品
② 書籍、CD、DVD、Blu-ray等の著作物
③ カセットコンロ、同コンロで使用するガスボンベ
④ 植物、植物の種
⑤ ペットフード
⑥ 医薬品、化粧品、衛生用品
⑦ チケット類
⑧ 複数の物品を一括して供給するセット商品の一部(セット商品全体を返品する場合は含みません)
⑨ 利用者の指定により製作・加工した商品(利用者の指定により名前を入れた商品等)
2.利用者は、前項以外の商品について、未開封でかつ利用者によるキズ等が発生していない場合に限り、お届け日から14日間(2週間)以内に生協に返品することができます(ただし商品掲載の画面等において返品できる期間について別途の記載がある商品は除きます)。
3.お届けした商品に万一、不良品や汚損・破損等があった場合や、ご注文と違う商品が届いた場合は、お申し出ください。交換または返品によって対応します。返品の場合は、生協の定めたルールに従い、精算します。
4.前項以外の場合においても、クリスマスケーキ等特定の時期に届かなければ著しく価値が低下する商品等について、納品が予定の時期より遅れた場合には、会員は売買契約を解消し、生協の定めたルールに従って精算します。
5.本条第3項、第4項による対応について、生協は、商品等により会員に直接発生した損害がある場合を除き、本条第3項、第4項に定める精算等の他に責任を負わないものとします。
(本サービスの変更)
第18条 生協は、会員に事前に通知することなく本サービスの内容を変更することがあります。
2.前項により、会員あるいは第三者に不利益ないし損害が発生した場合であっても、生協は一切の責任を負わないものとします。
(本サービスの中断、中止)
第19条 生協は、以下の何れかの事由に該当する場合、会員に事前に通知することなく本サービスの一部もしくは全部を中断、停止する場合があります。
(1)本サービス提供のため、システムの保守、工事を実施する場合
(2)火災、停電等、不測の事態により、本サービスの提供が困難となった場合
(3)地震、噴火、津波、洪水等の天災により、本サービスの提供が困難となった場合
(4)戦争、暴動等の事変、及び労働争議等により、本サービスの提供が困難となった場合
(5)その他、生協が運用上あるいは技術上、本サービスの中断もしくは停止が必要であると判断した場合、また不測の事態により本サービスの提供が困難と判断した場合
2.生協は、本条に基づく本サービスの中断、停止等により、会員あるいは第三者が被った不利益ないし損害について一切の責任を負わないものとします。
(著作権等)
第20条 会員は、著作権等の権利者の承認を得ずに、本サービスを通じて提供される著作物、情報等を、会員個人の私的使用の範囲を越えて使用することはできません。
2.別段の定めがない場合、本サイト上で提供される各コンテンツの著作権等の知的財産権は、生協若しくはコンテンツ提供者に帰属するものとし、各コンテンツの集合体としての本サービスの著作権等、知的財産権は生協に帰属するものとします。
3.会員は本サービスの利用により得られた情報等をその著作物等の権利者の承諾を得ることなく、会員個人の私的利用以外の目的にこれを複製し、その他出版、放送する等、第三者の利益に供する行為をおこなわないものとします。
4.本条の約束事に反して、著作権等の知的財産権に係る紛争が生じた場合、会員は自己の責任において、その問題を解決するものとし、生協はその一切の責任を負わないものとします。
(個人情報管理)
第21条 生協は、会員の個人情報等、プライバシーの保護に最大限の注意を払い、別途、CO・OPとやまホームページ上に掲示する「個人情報保護方針」に基づき、個人情報管理を適切に行うものとします。
(免責条項)
第22条 生協は、本サービスを通じて販売する商品についての情報は、製造元または販売元が商品の名称、商品説明、容器包装等の変更を行った場合、その変更を本サービスに掲載できない場合があるほか、本サービス上で提供された内容、情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性、最新性等の如何なる責任も負わないものとします。このことにより生じた会員の不利益、損害について、責任を負いません。
2.地震・落雷・洪水等の天災や戦争、テロ等の不可抗力、及び火災、停電、交通渋滞等の不測の事態または法令により、本サービスの提供、遅延、変更、中断、中止、停止もしくは廃止によって、会員または第三者が被った不利益、損害について、生協は責任を負いません。
3.会員における本サービスの利用によって生じたソフトウェア、ハードウェア上のトラブルやその他の損害について、生協は責任を負いません。
(損害賠償)
第23条 会員が本サービスの利用によって他の会員または第三者に対して損害を与えた場合、会員は自己の責任と費用をもって解決し、生協に損害を与えないものとします。会員が本利用規程に反した行為、または不正、違法な行為によって生協に損害を与えた場合、生協は当該会員に対して相応の損害賠償の請求ができるものとします。
(リンクサイトについて)
第24条 本サイトから、または本サイトにリンクを張っている本サイト以外のWebサイト(以下「リンクサイト」といいます。)は、各リンクサイトの運営者の責任において管理されており、会員がこれらのリンクサイトを利用する際は、それぞれのリンクサイトの利用規約等に従うものとします。なお、リンクサイトの内容について、またこれらの利用により生じた不利益、損害について生協は責任を負いません。
(管轄裁判所)
第25条 本サービスにおいて、会員と生協の間で問題が生じた場合には、会員と生協で誠意をもって、これを解決するものとします。
2.前項にもかかわらず、会員と生協との間で裁判上の争いになったときは、生協の主たる事務所の所在地を管轄する富山地方裁判所または簡易裁判所を、第1審の専属的合意管轄裁判所とします。
(本利用規程の変更)
第26条 生協は、サービスの充実・合理化、利用者の便宜向上、社会経済状況の変化への対応その他サービスの円滑な実施のため必要がある場合は、本利用規程を変更することができます。この場合、サービスの利用条件は、変更後の利用規程によるものとします。
2.前項の場合、生協は、本利用規程を変更する旨、変更後の利用規程の内容および変更の効力発生日について、あらかじめ変更の効力発生日までの間に本サイト上への掲示等、生協が定める方法により、会員への周知を図ります。
付則 
この約束事は2006年1月11日から実施します。
約束事を利用規程に改定し、2020年3月10日から実施します。